特定調停申立のデメリット

サラ金でお悩みの方。
まずは、特定調停診断を受けてみて下さい。




特定調停のデメリット

借金総額が多い場合は、特定調停での解決は難しいです。

サラ金との取引きが1〜2年程度の人は、

法定利息に引き直しても残債自体にさほど影響が出ないため、

債務の大幅圧縮を図ることは難しいです。

また、銀行系ローンのように法定利息内で借入れされている場合は、

減額が見込みにくいです。


特定調停は、一定の収入が将来にわたって見込めることが

前提となるため、

無職で何ヶ月も収入がゼロという人では、

特定調停は厳しいといえます。


サラ金でお悩みの方。
まずは、特定調停診断を受けてみて下さい。


特定調停とは
特定調停申立のメリット
特定調停申立のデメリット
特定調停申立の為の環境整備
特定調停委員会の組織と権限
特定調停の効力
特定調停の実際
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。